英語-テキスト

通期テキスト

  • 英文法・語法T/英文法・語法
作成チーフは島田浩史先生。
文法・語法の4択問題や整序英作文などを扱う。
Tのテキストは変化球のかかった問題が多く、センターレベルを超え、難関私大にも十分対応できるように作られている。

  • 英文解釈T(基礎)・英文読解T(完成)/英文解釈(基礎)・英文読解(完成)
作成チーフは中尾悟先生
的確に文意を把握するために、英文和訳を通して、英文の文構造を学習する。
Tテキストは京大、阪大をはじめ、かなり難易度の高い英文も見られる。ガチガチの哲学系の文章が多め。そんなに古い英文はなく、適度に改訂している模様。
テキスト英文の音声は塾生専用ページからダウンロードできる。
完成シリーズからは『英文読解T/英文読解』という名称に変わる。テキスト構成は基本的に『英文解釈T/英文解釈』と同じ。基礎シリーズのように英文和訳だけでなく、英文の内容について問う設問もある。ただ、実際には和訳問題として出題された箇所を半ば無理矢理、内容説明問題にしているので、はっきりとは答えにくい設問がある。某講師の話では、完成シリーズに特定大対策のために英語長文総合演習を受けられない生徒が発生するためその穴埋めのためにいれてるとかいないとか…
基礎シリーズより長文チックになっていて、偶に単語レベルで簡単な英文も見られる。その分、パラグラフごとの繋がりや文章内容を重視した授業となる。
テキスト英文の音声は塾生専用ページからダウンロードできる。

  • 英語長文総合演習T/英語長文総合演習
テキスト作成チーフは玉置全人先生。
長文読解の力をつける。
問題は和訳、適語補充など長文の総合問題。
題材となるジャンルを様々なところから採ってきており、文章の内容も興味深いものが多くなっている。
テキスト英文の音声は塾生専用ページからダウンロードできる。
完成シリーズから特定大の授業がある場合には特定大講座に置き換わり、ない場合には英語長文総合演習の授業がある。

  • 英語表現T/英語表現
和文英訳・自由英作文のテキスト。
英語として自然な訳出をできるように、語のもつニュアンスやコロケーション、語の配置の仕方を学習する。
問題が良くないと言って、問題を差し替える先生もいる。
  • トップレベル私大英語演習

  • 難関私大英語演習

  • Comprehensive English
基礎シリーズのみ。
リスニング、発音、英作文を通して総合的な英語力を高める。講師は外国人講師。予習は要らないが、毎回英作文の宿題が出て、授業内で提出する。広すぎて浅くなりすぎるので注意が必要。ネイティブ講師が授業を担当する。英作文1題+母音、子音の攻略+リスニング問題3題で1講分。講師にもよるが、他の講座より、ややのんびりした授業になる。
各講英作文は宿題として課され、翌週、ネイティブ講師が添削して返却、解説する。

  • Listing Comprehension

大学別テキスト

  • 東大英語/東大リスニング・東大英作文
対象:東大クラス
構成:英語長文Tが、東大英語へと変わる。基礎シリーズより分量が増え、小説、要約、段落整序、文補充、和訳、文法問題の中から毎回3題程度扱う。問題はほぼ全て河合塾のオリジナル問題。基礎シリーズと異なり、英作文とリスニングを隔週で行うため、一部の講師、生徒には評判が悪い。 英作文は、授業中に解答する時間が設けられる。英作文、リスニング共に、東大の傾向に合っていないものも見受けられる。
東大英語の作成者は久恒。リスニングの方はガイフィッシャー。

  • 京大英文解釈/京大英作文
対象:京大クラス
構成:解釈は長文の和訳や指示内容の記述問題が1題とやや短めの文の和訳問題が1題とで構成されている。長文1題のみの講もある。
英作文は毎講2題構成。3,6,9講はテストゼミになっており、添削がある(2015,16年度時点)。
内容は毎年改変しているらしい。
作成者:刀禰先生、江本先生、矢次先生

  • 医進英語
対象:国公立医進クラス
構成:短めの英文解釈と長文の二題構成になっており、1講で扱う分量が多い。これを90分で終わらさなければならない講師も大変である。難易度は標準~やや難レベル。
作成者:江本先生、矢次先生
完成シリーズから。実力のある人は、時間を計って解き、完答近く目指したい。


  • 東工大英語
対象:東工大コース
構成:1-4講までは一橋大英語と同じ文章である。
基本的には800語程度の読みにくい文章が1つに和訳と内容説明問題で4つ作文が2つ程度。正誤が少し入っている。
近年の東工大の難化傾向に対応しようという意志の表れか、第6講以降は東大英語や一橋大英語よりも難しく作られている。読解の比重の大きい東工大では当然のことでもある。
作成者は仲野先生


  • 一橋大英語
対象:一橋大コース
構成:

  • 阪大英語
対象:阪大コース
構成:テストゼミ形式。英文解釈&英作文の回、長文読解の回を交互に実施。自由英作文の添削も行われる。

  • 神大英語
対象:神大コース
構成:

  • 早慶大英語
対象:早慶大コース
構成:

  • 関関同立大英語
対象:関関同立大コース
構成:
  • 西南福大英語
対象:西南福大コース
構成:

その他

  • 英文法・語法/英文解釈サブテキスト
文法事項の解説などが載っている。

  • 熟語・発音・口語ワークブック
熟語・発音・口語をまとめた自習用教材。それぞれ24項目化されている。
熟語編では英語の熟語・イディオムが1000個弱掲載されており、中にはハイレベルなものも含まれている。すべてのイディオムに対し例文が付いている。
会話編では英会話で使われるイディオムがまとめられている。センターの対話文問題やリスニング対策としてかなり有用。
発音・アクセント編ではセンター頻出の発音・アクセントがまとめられている。最初のページに英語の発音の仕方が掲載されており参考になる。
授業中では基本的には扱われないため、どうしても後回しにされがちな本書ではあるが、実践シリーズに本書の内容から出題されるチェックテストが付いているので、実践シリーズ開講までを暗記の目標期限とするのがよいだろう。
某先生曰く、河合塾のテキストの中で一番利用率の低いテキストらしい。

  • リスニングワークブック

  • 最終更新:2019-05-23 14:36:02

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード