校内模試

4月

・第1回 サクセス・クリニック(学力診断テスト)
略称は「サクセス」または、「サククリ」。しかし、実際には「サクセス」と言う人が多く、「サククリ」と言っている人は少ない。よく言われているとすれば、某匿名巨大掲示板などの類くらいだろう。(文字にすると「サククリ」の方が印象的だからかもしれない。色んな意味で。)
問題は全国の河合塾で統一されたマーク式のもので、1日目は文系科目、2日目は理系科目が行われる。
全国で同じ問題を利用するため河合塾大受生の中の偏差値や順位が出され、また教科、分野ごとにABCDEの評価が下される。
スカラシップやクラス分け、テキスト分類の基準にもなっている。
全員必須受験。受験に必要な科目すべてを受験するように。
マーク式だが、センターとは違って選択肢はイ,ロ,ハ…なので少し戸惑うかもしれない。教科によって時間の余裕度は全く違う。
ここで決まったテキストレベルは基本的に基礎シリーズはそのままとなるので、しっかり頑張りたいところ。
コースによってはテキストが固定のところもある。詳細は、受講科目申請時の自分のコースのところを見ればわかる。(例えば、トップ~大EXコースやSUPERONEWEX~大コースではサクセスクリニックの成績に関わらず、英語数学はTテキスト固定など)
時間制限も細かに決められており、二日にかけておこなわれるのでストレスは相当溜まる。面倒臭いが、しっかり受けよう。なぜサクセスクリニックを二日かけ、全統マークを一日で終わらせようとするのか、理解に苦しむ。

5月

・定着度テスト
数学・英語のみ。内容は基礎シリーズの復習。
英語の出題範囲は英文解釈、英語表現、英文法・語法の各第4講まで。英語長文総合演習はテスト範囲に含まれない。テスト時間は60分。英文法・語法はテキストと全く同じ問題。英文解釈は各講のポイントチェックと全く同じ問題。英語表現はテキストで扱った文章が整序として出題される。
数学の出題範囲は1、2、3(理系は4も)の各第4講まで。数値を変えたほとんど同じ問題が出題される。テスト時間は文系が60分、理系は90分。又、数学などで試験時間が余れば、採点者が授業の担当講師だと分かっている場合、労いに励ましのコメントを余白に書くと喜んでくださるかもしれない。これを機に「復習の姿勢を見直しませんか?しょうもないミスをしていませんか?」ということだろう。
森本先生曰く「定着度テストで半分いかなかった人は何かがまずいってことじゃけー、勉強と復習の仕方を変えてみんさい。」とのこと。

6月

・第1回 センタートレーニングテスト
国語・数IA・数IIB・英語のみ実施。判定、順位などは出ず、クラス順位も張り出されることはない。
問題は過去の全統マークのボツ問題かと思われる。
正直言って、旧タイプの出題形式で時代に合っておらず、例えば古文の文学史の出題など、あまり質がいいとは言えない。マークと自己採点のズレをなくすとかマークする練習とか、ある程度割り切っておけば気が楽かもしれない。又、2015年と2016年は全く同じ問題であった。

7月

・第2回 サクセス・クリニック(学力診断テスト)
完成シリーズからテキストレベルを上げたいと申告した際にはその参考となる。基礎シリーズの成果を出そう。
テキストのレベル落ちはよっぽどでないと起こらないので、第2回のサククリは出ない人もいる。
ちなみに、受けなかった場合のテキスト決めは基本的に第1回全統マークと第1回全統記述の成績が採用される。

9月

・第2回 センタートレーニングテスト
第1回とは違い、第2回は全科目実施。判定、順位などは出ず、クラス順位も張り出されることはない。
問題は過去の全統マークのボツ問題かと思われる。
正直言って、旧タイプの出題形 式で時代に合っておらず、例えば古文の文学史の出題など、あ まり質がいいとは言えない。マークと自己採点のズレをなくすとかマークする練習とか、ある程度割り切っておけば気が楽かもしれない。又、2015年と2016年は全く同じ問題であった。特別受ける必要性もないが、うるさいチューターには何か言われるかもしれない。

11月

・第3回 センタートレーニングテスト
第2回と同様、全科目実施。判定、順位などは出ず、クラス順位も張り出されることはない。第3回においては、校舎、コース、クラスによっては個人実施となる。
正直言って、旧タイプの出題形式で時代に合っておらず、例えば古文の文学史の出題など、あまり質がいいとは言えない。マークと自己採点のズレをなくすとかマークする練習とか、ある程度割り切っておけば気が楽かもしれない。又、2015年と2016年は全く同じ問題であった。特別受ける必要性もないが、うるさいチューターには何か言われるかもしれない。

  • 最終更新:2020-02-29 12:36:28

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード