京都学伸寮

京都市中京区に位置する。
二条城の西。9階建て。エレベーター有り。

河合塾京都校までは自転車で10分ちょい。部屋を出て教室に着くまでには15分程度かかるため忘れ物をした時は取りに帰るのがちょっとだるい。河合塾京都校よりも駿台京都校の方が断然近い。二条寮からはもっと駿台に近い。

ほぼ一本道で京都校まで行くことができ、またその道が大通りであるため人が多い時間帯でもストレスなく行き帰りが可能。

すぐ近くにライフという大きなスーパーがあり、かなりの品揃えのため身の回り品を揃えるのに苦労しない。周辺に塾、予備校などが多いためか文房具の品揃えも豊富であるため学伸寮生の出没率はかなり高い。
徒歩1分でセブン
徒歩3分以内にチャリ屋、コインランドリー、薬局、ラーメン屋などいろんなものがある。


自室は入寮当日にくじ引きで決まる。
3階まではロビーから階段が続いており歩いて昇る事が可能。
9階まで続く外付けの非常階段も設置されており常時使用可能である。近くの階への移動に重宝する。ただし平時は外には出れないようになっている。

備え付けの敷布団、枕が固く、寝心地が良くない。特に枕に関しては酷いのでお気に入りの枕があれば持っていくことが望ましい。先述のライフで購入することも可能である。
机の横幅は学校机を2つ並べたぐらいで奥行きもありかなり大きくとても綺麗である(さすがは机の河合の寮である)。机には蛍光灯が一本取り付けられている。ただ、明るさが足りないと感じる人もいるかもしれない。(筆者は駅近くのヨドバシでデスクライトを購入した。)

本棚(机の棚ともうひとつ4段の大きな棚がある。)も大きく、よほどの量の参考書を持っていかない限り埋まることはない。参考書だけで埋め尽くせるのなら是非埋め尽くしてもらいたい。
無理である。
埋めれたとしても河合での浪人に参考書、特に問題集はほぼ不要であるため1年間その参考書とふれあう機会は低いであろう。

ご飯が美味しいので食事面でストレスを感じることは少なそうである。
寮職員の方々は皆さん優しく接してくれる。
自習室が4階にある。

線路がすぐそばにあるため二重窓。線路に面してる部屋は電車が通る時の音がけっこーうるさいし隣室、上室のドタドタがうるさいことがあるので耳栓はあった方がいい。モルデックスの耳栓なら気にならないレベルの音になる。

部屋は椅子の種類や洗濯機の種類が違ったりする。トイレとかも微妙に違う。基本構造は同じだが部屋ごとにちょっとした違いがあるようだ。理由はわからない。机は一緒。

部屋によってはかつての寮生が残してくださった物干し竿がある。謎のフックが壁に取り付けられている部屋もあったりする。(鍵掛け用やタオル掛け用と推測される。)

周囲に街灯があり夜も周りが明るいためカーテンは遮光性がかなり高いものが使われている。

  • 最終更新:2016-06-17 02:18:09

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード