三石稔憲

広島大学卒。
広島・九州地区に出講。
大学受験科では「トップレベル現代文論述」「現代文」などを担当。
東大現代文から国公立大現代文、センター対策まで、現代文はオールマイティーに頼れる。
板書はメモ書きするくらいだが、とにかく喋りまくる。
テキストの文章にとどまらない体系的な話をしてくれる。
さまざまな分野についての知識量が非常に豊富で、授業で扱う文章に関連する話をしてくださる。しかも非常にわかりやすく、面白い。まさに神。
質問にもしっかり答えてくれるが、やる気のない生徒には厳しいらしい。
爽やかにエグイことを言う。
「○○校の△△コースの生徒がこれ間違ってたんだけどー」と各校舎で紹介する。
アニメが大好き。(授業中に化物語の話をすることもあった。)
「僕はアニオタです。アニメオタクです。基本的にどのアニメも見てます」
「センター現代文は91/100取れます。残りの9点は知らなきゃ解けません。意味を知らなきゃ諦める、捨て問です。1秒でわからなかったら捨てなさい。そして3にマークすりゃいいんです。三石でぇーす」
  • 著書

  • 最終更新:2018-02-04 03:07:35

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード